痛みを判断してみて!【偏頭痛の適した治療法を伝授】

看護師

予防と症状軽減について

友達

様々な理由で頭痛が引き起こりますが、中には頭の片側だけ痛みが起きる偏頭痛に悩まされている人も数多くいます。日頃摂取するものをコーヒーに変えるなどをすることも大切ですが、精神科や心療内科への受診も改善への近道です。

アウラがある頭痛について

女性

偏頭痛は遺伝要因を持っているヒトに、様々な環境要因が加わって誘発されます。多くは片側性・拍動性で、ヒトによっては視覚の異常などのアウラと呼ばれる前ぶれを感じることがあります。他にも精神的な要因が関係していることもあります。

我慢しないでその痛み

疲れ

女性に多い偏頭痛ですが、最近薬を飲む量や回数が多くなったら専門の医師に相談しましょう。また偏頭痛は誘発する原因となるものがあるのでそれを避けることが大事です。また周囲の人たちも頭痛のつらさを理解してあげることが大事です。

片側に偏る頭部の痛みとは

頭痛

誰でも一度は経験された事があるのではないでしょうか。頭が重く感じたり、鈍い痛みが続いたり…頭痛の症状は様々な形で現れ、その痛みの感じ方も人によって千差万別ですが、今回お話させていただくのは「偏頭痛」についてです。その名の通り頭部の左右どちらかが痛むのが特徴の頭痛で、脳の中にある血管が何らかの原因により拡大する事で三叉神経と呼ばれる神経が圧迫され、それが痛みとなって表れます。偏頭痛が起きる原因は様々あり、ストレスや不規則な生活、女性ホルモンの乱れ、眼精疲労などが挙げられます。ストレスが原因で偏頭痛が起きる場合、体内でセロトニンの調整をする事が困難になる為になりやすいと言われています。ストレスが原因で偏頭痛になっていると考えられる場合、心療内科などに相談すると、早期解決に繋がることがあります。不規則な生活、特に睡眠時間が決まっておらずに常にバラバラの時間に眠っている人は、脳に大変な負担がかかる為に頭痛になりやすいそうです。女性ホルモンが原因の場合ですが、これは女性なら避けては通れない月経が頭痛の誘因になる場合が多く、女性ホルモンの分泌量が低下する月経が始まる頃になりやすいと言われています。また、元々片頭痛になりやすい体質の人も居ます。これは遺伝的な要因が強いとされ、特に自分の母親が偏頭痛持ちの場合は50パーセントから70パーセントの確立で遺伝するとされています。父親だけが偏頭痛持ちの場合は遺伝する率は下がる傾向にあるようですが、両方が偏頭痛を患っている場合は遺伝する確率は上がる傾向にあるようです。一度発症するとなかなか収まらない事も多く、ひどい時は痛みだけに留まらず吐き気や悪寒なども併発してしまう偏頭痛ですが、痛みを和らげる方法はどんなものがあるのでしょうか。

一度痛みが起きてしまうと普段の日常生活や仕事にも支障が出る可能性もあり、なかなか治らない偏頭痛は非常にやっかいです。そんな時に少しでも痛みを和らげたいと考える方も多いのではないでしょうか。簡単に出来る方法として、まず挙げられるのがツボ押しです。ツボ押しの他にも痛む箇所を冷やしたり、軽いストレッチなどをする事も良いとされています。その他に偏頭痛を軽く出来るものとして、食べ物で症状を和らげる方法もあり、特に拡がった血管を収縮する効果があるとされるオメガ3脂肪酸を摂るといいとされています。偏頭痛の緩和をするために、食事や生活スタイルなどを改善する人がいます。それによって偏頭痛の改善ができることもありますが、必ず緩和できるわけではありません。偏頭痛の緩和策を実践して効果を得られない場合は、心療内科に相談してみるのも一つの手です。なぜなら、偏頭痛の原因が、ストレスであることもあるからです。心療内科での診察を受けることで、ストレスが原因の偏頭痛に適切な治療が行なえます。ストレスが原因の偏頭痛を発症した人の多くが、心療内科の診察をきっかけとして、偏頭痛の改善に成功しています。様々な方法を試しても効果がない場合、一度相談してみると良いでしょう。心療内科では、相談者の視点に立った上で、ストレスの軽減に役立つ提案をしてくれます。偏頭痛はうつやパニック障害を発症する可能性を高めるとの研究もあります。偏頭痛の悩みは一人で抱え込まず、心療内科のような専門家に相談する方が早期解決に繋がります。