痛みを判断してみて!【偏頭痛の適した治療法を伝授】

看護師

予防と症状軽減について

友達

頭痛には他の病気の症状として現れるものと、頭痛そのものが主な症状のものとがあります。偏頭痛は頭痛が主なものに含まれます。頭の片側、または両側がズキンズキンと脈を打つような痛みがあり、数時間で痛みが消えるのが一般的です。ですが基本的に頭痛というのは、非常に辛いものです。特に偏頭痛というのは急激に現れることの多いものですので、予測がつかずに対処に困ることも少なくありません。ですが偏頭痛というのは、ある程度は予防することが可能なものなのです。その予防方法というのは難しいものではありませんし、ちょっとした工夫で症状を和らげることもできます。ではどうしたら良いかというと、まず大切なのは、肉体的なストレスを溜めないということです。これは睡眠を十分にとることで解消できますので、少なくても6時間は睡眠をとるようにすると良いでしょう。また、目の疲れも偏頭痛を引き起こす原因となります。ですのでスマホやパソコンを使用する際には、1時間に5分程度は目を休めると効果的です。こうした事を行うだけでも、偏頭痛が起こる回数を減らせる人は少なくありません。もしも起きてしまった場合には、コーヒーを飲むと良いでしょう。というのも偏頭痛というのは、脳の血管が拡張して起こるものだからなのです。そのため血管を収縮させる作用のあるカフェインを含んだコーヒーというのは、頭痛を和らげてくれる効果が期待できるというわけです。病院での治療でも、血管収縮剤にカフェインを使用することは一般的となっています。コーヒーが苦手という場合には、緑茶などで代用しても良いでしょう。また首筋を冷すのも、カフェイン同様に血管を収縮させてくれますので効果的です。このように日頃のちょっとしたことで、予防したり症状を和らげることは可能となっています。

偏頭痛に悩む人というのは、かなり多くいます。そうした人達の間で、カウンセリングが近年人気を高めてきているのです。頭痛とカウンセリングというのは関係が無さそうに思われがちですが、実は偏頭痛というのは精神的な面も大きく関係しているものなのです。精神的な緊張が高まると、頭痛の発作を起こしやすくなるといったデータも存在しています。そうしたこともあり、カウンセリングによってストレスの素となる不安を解消するといった傾向が強くなってきているのです。またこの背景には、心療内科が発足されたことも人気が高まった要因の1つとなっているでしょう。というのも、それまではカウンセリングを受けるためには、精神科へと足を運ぶ必要がありました。しかし精神科というのは心の病の専門医という認識が強かったため、頭痛で来院するのに躊躇してしまう人が多かったのです。ですが心療内科が発足したことによって、それまでよりも気軽に足を運ぶことができるようになってきたわけです。こうしたことがあり、精神科への敷居の高さも薄れ、現在では頭痛のために心療内科と同様に精神科へ通院することへの戸惑いもなくなってきているのです。勿論、その効果が高いといったことが最大の人気の理由です。内科や外科での治療で効果があまり見られない場合でも、精神的なケアをすることによって、急激に症状が改善することも少なくありません。こうしたことは口コミでも広がりを見せ、現在では極普通に頭痛を治すために、カウンセリングを受ける人が急増してきているのです。